第一種運転免許と車種

第一種運転免許には次のような種類があります。列挙しますと、大型免許、中型免許、準中型免許、普通自動車免許、大型特殊免許、大型二輪免許、普通二輪免許、小型特殊免許、原付免許、牽引免許です。そして、自動車の種類は次のように分けられます。大型自動車、中型自動車、準中型自動車、普通自動車、大型特殊自動車、大型自動二輪車、普通自動二輪車、小型特殊自動車、原動機付き自転車(原付)です。比べるとなんとなくわかると思いますが、運転可能な自動車の種類はだいたい免許と同じ種類のものとなります。しかし、それだけではありません。もっと詳しく見ていきましょう。

大型自動車は大型免許でしか運転はできないと決められています。しかし、中型自動車に関しては、中型免許だけではなく大型免許を持っていれば運転できるのです。同様に、準中型自動車は準中型免許以外にも、大型、中型免許でも運転できますし、普通自動車は普通免許に加えて大型、中型、準中型の免許があれば運転することができます。つまり、普通免許<準中型免許<中型免許<大型免許の順番で運転することができる自動車の種類が増えていくということです。

では、大型特殊自動車はどうなのかというと、これは大型特殊免許を持っている場合でしか運転することができません。なぜなら、大型特殊自動車というのは、ロードローラーやフォークリフト、キャタピラーのついた自動車などのことを指すので、他の免許を取得する際の練習とはまったく異なるからです。

大型自動二輪車と普通自動二輪車の場合は、普通自動車や準中型、中型、大型自動車の関係と似ているかもしれません。大型二輪免許を持っていればどちらも運転できますが、普通二輪免許の場合、大型自動二輪車は運転できません。なお、二輪免許という名前がついていますが、性質が二輪車に近ければ三輪のものも二輪車の中に含まれるので運転することができます。

小型特殊自動車と原動機付き自転車は、これまでのものと少し違います。これらは、これまで出てきた免許を持っていれば運転することができます。逆に、小型特殊免許というのは小型特殊自動車しか運転できませんし、原付免許についても同様に原動機付き自転車しか運転できません。

最後の牽引免許については別の項で説明します

運転免許の種類

運転免許にはたくさんの種類があります。なんとなく自分たちが日頃運転するような車の免許と、トラックだったり工事で使われるような大きな自動車だったりの免許は違うだろうな、と思う人は多いでしょうが、詳しくわかっている人はあまりいないでしょう。ここでは、その免許の種類について解説していこうと思います。

まず、運転免許は大きく次の3つに分かれています。

一つ目は第一種運転免許で、これは自動車や原付を運転するために必要な免許のことで一番一般的な免許でしょう。この運転免許で運転できないような自動車を運転するには第二種運転免許が必要です。これは、バスやタクシーなどでお客さんを乗せての運転や、代行運転自動車と呼ばれる、酔っ払ってしまった時などに代わりに運転をする仕事で使う自動車に乗る場合の免許です。わかりやすく言うと、お金をもらって運転して商売をするための免許です。三つ目は仮運転免許です。これは、上記の二つの免許を受ける人が、試験や授業で運転するために必要になる免許です。

この中の第一種運転免許には、さらに細かく免許の種類が分かれています。それぞれの運転免許で運転できる大きさや種類が変わっていきますので、これから運転免許を取得しようと考えている人は、自分の目的にあった免許を選びましょう。

では、次の項目で第一種運転免許の種類について説明したいと思います。

費用の支払い方法

免許合宿に参加をすることになれば、当然ながら料金を支払うことになります。
安いとは言えない金額ですが、どのような支払方法があるのでしょうか。
まずは教習所に確認してみることが必要ですが、一般的な方法をいくつか紹介します。

 

まず、現金で一括払いをする場合です。
入校する前に、振込で入金をするのが一般的です。申し込みが終わると様々な書類が郵送されてきますが、その時に振込用紙も付いてくることが多いです。一括で払う方が安いということもありますので、よく中身を確認しましょう。

次に、ローンを組んで支払う場合です。
特に学生の場合は大きな額を捻出するのが難しいので、ローン支払いも賢い方法です。初めにいくらかの頭金を払い、後は毎月の分割払いとなっていきます。ただし、ローンですので年齢や職業、保証人など、それぞれ必要になってくる情報が違います。いざローンを組もうとしたら出来なかった、ということにならないように、先に教習所側に連絡しておく必要があります。また、ローン審査には多少の時間が掛かるので、それを見越して早めに行動しておくのが良いでしょう。
ローンの場合は金利が発生します。現金やクレジットで一括支払いをする方が、最終的に安くなるということは覚えておきましょう。

そしてクレジットカードで支払う場合です。
まず、教習所側がクレジット対応をしているのが前提です。クレジットカードにポイントを貯めることもできるので、お得な方法と言えます。引き落としのタイミングはカード会社によりますので、それまでしっかりと残高を押さえておく必要があります。
ただし、学生の場合はカードが作れないという場合もあるので、先に準備を済ませておく必要があります。

女性の一人参加について

女性が一人で免許合宿に参加をするとなると、心配になるのは当然です。
友だちなどと参加をするのも安心できる手段ですが、タイミングや年齢によってはなかなか難しいと言えます。
合宿免許の部屋がどうなっているのか、トラブルはあるのかについて説明します。

 

まず、男女の部屋は基本は完全に別になっています。
フロアごとに分けられていることも多いですし、男女で宿舎が違うという場合もあります。
トラブルを防ぐために、そもそも自分でビジネスホテルなどを選ぶシステムを採用しているところもあるそうです。
宿舎には管理人もいるので、何かトラブルがあった時には助けになってくれるでしょう。

他の手段として、その場で同性の友達を作ってしまうという方法もあります。
こればかりは縁もありますが、教習所は閉鎖された空間ですので、一度仲良くなった相手とは、基本的に多く行動することになりがちです。
男女間のトラブルなども、複数で行動していれば防げる可能性は高いです。

そうは言っても、そのようなトラブルが起こることは非常に稀です。
特に女性であれば、もちろん用心をするに越したことはありませんが、極端に怯えて参加自体を見送る、参加しても疑心暗鬼になる、というのはおすすめしません。
どの人も、同じように安くはないお金を払って合宿に参加しています。
お互い、不要なトラブルは起こしたくないに決まっています。

 

それでも、どうしても不安な場合は、「女性用のプラン」などを利用すれば、色々と融通をしてもらえるところがあるかもしれません。
それぞれの教習所で詳細は異なりますが、もしも不安があれば先に相談することもできます。
疑い過ぎるのも良くはないですが、無理ない範囲で選択しましょう。

教官との相性

教習所には、当然ながら様々な教官がいます。自分と性格が合わない人という可能性もあるでしょう。
最近では、教官を「指名できる」という教習所もあるそうです。ただし、教官にもスケジュールがありますし、人気のある人ですと、予定が取れないという場合もあります。教官を選ぶことができる環境で、かつ待つことができるという人には最適でしょう。しかし、様々な教官に見て貰うというのが一般的です。

 

よく聞く意見では「教官ごとに言うことが違かった」という場合です。
もちろん、間違ったことを教えるということはありませんが、考え方の面は人によって変わってくる場合があります。
また、実際に運転をしていると状況が違うので、その都度違うことを言われる可能性があるのです。

例えばAの教官の言うアドバイスと、Bの教官の言うアドバイスが違った場合です。
知識の話でなければ、どちらも正解というケースだってあります。
そうなるとどちらに従うか迷ってしまうと思います。

そういう場合の対処法として、まずはAとBどちらの方法も実際に試してみてください。
学ぶ立場にある人間は、どちらが正しいかは判断がつかない状況です。
実践してみて、納得できた方の意見を採用すれば良いのです。

 

大切なのは「誰が間違ったアドバイスをしたか」ということではなく、「どのアドバイスが自分には合っているか」と見極めることです。
例え教官が合わない、違うアドバイスをされたと嘆くことがあっても、「最終的に上手く(免許を取れるところまで)行けばいい」というということだけ意識してください。

余程という場合は、別の教官に相談をしてみるのも手ですが、教官と言っても人間ですので、考え方の違いはそれぞれあるということだけは覚えておきましょう。