時代の変わり目と乗り物

社会人へのパスポート的な感覚で合宿免許などに参加して、車の免許を取得していた時代は、一昔前の感覚になっているようです。最近の若者たちの車離れの中では、普通自動車免許の取得さえも、時間とお金がもったいないと考える傾向があるようなのです。車と言えばステータスの象徴でもあり、夢と希望が詰まった憧れの乗り物としての存在であった時代は、大きく変わろうとしているのかもしれません。都会暮らしの中では、バスや電車の交通網が充実している為、車を所有していなくても快適な生活を満喫できる事から、車を所有する事自体が生活への負担であると考える人々も増えてきているようです。車の免許は取得していても、顔写真付きの身分証明書として利用しているのは、なんだか免許証自体が可愛そうな気分もしますが、もうすでに移動手段として馬に乗る時代が過ぎ去ったように、人間が車を運転する時代こそが過ぎゆく時代になりはじめているのかもしれません。現代には運転手を必要としない自働運転の車が登場しているのですから、時代は大きく変わりはじめている兆しでもあるようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です