自動車免許の検定試験が苦手な方へ

自動車免許の取得にあたって検定の合格を重ねる中で、皆さんは、運転技術の基準を査定されているだけではなく、運転をする際の人としてのマナーや印象をチェックされている事を理解しなくてはなりません。地元の教習所に通う皆さんも、地方の合宿免許などに参加される皆さんも、一般的な自動車免許取得への知識を得ながら検定に挑むのではないかと思われます。実際には、一般的常識的なルールなどもありますが、検定を受ける際の学校や教習所によっては、検定の際のルールなどが多少なりとも異なるケースがあります。自分自身が知っている情報や知識を基に、検定を受けるのではなく、その場に課された課題をきちんと理解した上で、検定試験に挑む心構えが重要です。試験官は、皆さんの一つひとつの行動や反応をきちんとチェックし記録している事をきちんと理解しておきましょう。万が一、試験官の支持する事柄が聞き取りずらかった場合は、思い込みで行動せずに、きちんと聞き返す事ができるくらいの余裕が必要です。思い込みで勝手な行動を起こすドライバーであるという印象をもたれる事は、皆さんにとって不利益な結果となってしまい兼ねませんので、試験官の声が聞き取りずらかったり、言っている意味がよく理解できない場合は、遠慮なく聞き返すくらいの考えで検定に臨みましょう。実施に、皆さんが公道を走る際には、数秒の迷いや判断の遅れが命取りになる事もあります。車の運転中の迷いや身勝手な行動は危険運転に繋がるという考えをきちんと理解しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です