場所を示す指示標識

運転免許を取得しようと思ったとき、はじめて周りにある標識などに気がつくかもしれません。車に乗らない歩行者の立場であったときには横断歩道くらいしか自分に関わるものはありませんが、運転をするとなれば交通ルールをきちんと覚えなくてはなりません。特定の交通方法で走らなくてはならない「指示標示」も、意識をしなければならない大切なポイントです。道路上に引かれている線や記号が、指示標示です。例えば横断歩道の白いハシゴのようなペイントや、自電車横断帯の前方に信号のないことを示すひし形のペイント、車が入らないようになっている安全地帯の区画など、普通に生活しているときにも目に入っているかもしれません。これらの指示標示があることで、車の方は「歩行者が来るかもしれない」と事前に予測することができます。指示標示を理解していることで、少しでも事故を減らすことができるのです。そのため、「目で見れば分かる」とは思わずに、指示標示がされている部分は「気を付ける場所である」という判断をしなければなりません。特に運転に慣れた人は気を抜いてしまいがちですが、基本的なポイントを忘れないようにしましょう。主な指示標示には、横断歩道、右側通行、停止線、中央線、前方優先道路、路面電車停留場、安全地帯、車線境界線などがあります。指示標示の中でも間違えやすいとされているのは「導流帯」を表す縞模様のゼブラ帯です。これは直進する車を誘導するために設置されており、車線変更をする意志を伝えることができるために、交差点での事故を防ぐ役割があります。車が侵入しても問題ありませんが、「みだりに導流帯に入るべきではない」と考えられていますので、注意して見てみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です