得意と不得意な分野の教習

免許を取る際に、得意だったとされる項目として挙げられるのが、 S 字カーブだと言われているようです。他にも、クランクなども得意な分野であったという風に呼べる人が多いことを分析すると、高い技術力が求められるような教習内容においては、十分に練習やイメージトレーニングをしてから教習に望む人が多いため、自然とできるようになっている人が多いのかもしれません。運転しているという感じが味わえたので、良かったなどというような感想を持つ人もいるくらいに、得意な人が多い分野であるという風に言えるでしょう。しかしなだらかなカーブであったりとか、目標地点に合わせた停止であったりというようなちょっとした技術などは、不安な点が多いという人も多く、見受けられるようであまり教習内容としては大きく振れられることがない内容の方が、苦手な人が多いようにも見受けられます。一方で、苦手意識のあった項目として挙げられるのは縦列駐車がトップだというふうに言えるでしょう。とにかく注射をする際には、周りに迷惑をかけずかつ速やかに注射をするということが求められているため、注意が必要だという風に言えるでしょう。これは完全に完成的なものと、やり慣れていくにしたがって十分に技術は向上する可能性があるということを覚えておく必要があるという風にも言えそうです。他にも、緊張する場面として挙げられるのが、坂道発進などで坂道発進などの場合には、後ろなどに車が詰まっていた場合に、車が後ろに入ってしまったらどうしよう、などというふうに考えて、決断することが遅れてしまったり、苦手意識を持っている人が多いという風にも言われているようです。 車庫入れであったり、交差点なども周りの人の目を気にしてしまうがために、十分に考える暇がない状態で、進めてしまうため、事故などを引き起こしてしまうなど失敗してしまった場合などがあるようにも見受けられるわけです。単純な考え方として、事故を起こさず慎重に進めていくことが求められているでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です