坂の上り方と下り方

坂の場合には、上りきったら、消して気を抜いてはいけず、ゼンリンが降りに入った時点で、エンジンブレーキをかけると共に、頂上に着いたら安全確認と徐行運転を忘れずに行わなければならないということも重要でしょう。特に、日本の道路は傾斜が非常に多く、坂道の頂上付近においては、見通しがあまり良くないというようなケースが多いため、徐行運転をすることで安全を確認しておかなければならないことは重要だと言えるでしょう。上り坂と下り坂ではやることが違うとはいえ、安全に気をつけながら走行しなければならないという点においては全く一致しているという風に言えそうですし、エンストしないように気をつけて行くのも、重要だと言えるでしょう。あまりイメージがわかないかもしれませんが、車の走行においては、バックが難しいとされており、窓をきちんと開けて片手でハンドルの上側を保ち左側に車を寄せていきたい時には、ハンドルを左側に着る右に寄せていきたい時には、ハンドルを右側に切っていくということを覚えておくことが重要です。後ろを向いてるからといって、ハンドル操作を逆に行う必要はないわけです。目標とする場所に車が寄りすぎて言ったら、反対に切っていき車がまっすぐになったという風に感じたらハンドルを徐々に元の方に戻していけば、まっすぐに走れるかもしれません。事前の安全確認はもちろんのこと目標までどれくらいの距離があるのかということを、感覚的に把握していくことが重要で、スピードを出さずに、慎重に、慎重に、ゆっくりと、運転をするのがバック運転においては重要だというふうに言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です