免許の種類を知ろう

運転免許は大別すると、3種類あります。具体的には、第一種運転免許、第二種運転免許、仮運転免許を指します。運転できる車種はそれぞれ異なっているため、注意が必要です。特殊な免許としてけん引免許と呼ばれるものも挙げられますが、普通免許で事足りることも多いため、車の総重量が750キログラムを超えるようなケースで従業しない限り、特に必要性を感じることは無いでしょう。

無免許の状態で運転することが認められないのは当然ですし、保持する免許は運転中に携帯しなければなりません。また免許証に「メガネの使用」が条件と定められている場合は、裸眼のまま運転することが出来ません。免許を取得した後でも、停止処分を受けている間は運転することが出来ません。初めて運転免許を取得した人が注意しなければならないのは、免許は定期的に更新しなければならないということです。期限が定められており、免許証に明示されています。その日時までに更新手続きを行う必要があるのですが、時期が近付くと住所地に案内が送られてきます。運転免許証は運転中、すぐに取り出せる場所に保管することが求められます。というのも、警察官に提示を求められた場合、それに応じなければならないからです。

運転手として人間の視覚の特徴を知っておくことは、事故の防止に繋がります。簡単に言えば、視覚には限界があるため、依存し過ぎるのは禁物だということです。目にも疲労が蓄積しますし、加齢で動体視力は低下します。疲労の怖いところは、見落とし、見間違いを起こしてしまう点です。人間の視線は1点注視になることもありますが、注視点以外はぼやけてしまうものです。なるべく広い視野で運転するためにも、1点注視に陥らないような見方が大切になります。視覚に限らず、自分の運転を過信してしまうと、事故は生まれやすくなります。まずは自身の弱点をよく知った上で、それをカバーするような運転方法を心掛けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です