自動車の所有時の注意点

自動車の所有者は、定期的に自動車の検査を受けなければなりません。この検査は車検と呼ばれるもので、小型特殊自動車を除いてすべての自動車に課されています。車検終了時には自動車車検証が交付されるので、その車検証を自動車内に保管する必要があります。自動車の所有者は車を保管する時、適切に管理しなければなりません。無免許の人やアルコールを摂取した人に自分の車を運転させるのは固く禁止されています。また盗難の被害に遭わないように、キーの保管には十分注意します。車の管理とは別に、万一の時のための自動車保険に加入することも推奨されます。いわゆる強制保険である自動車損害賠償責任保険には必ず加入することになりますが、各自任意保険に加入することが望ましいとされています。

ところで第二種免許の取得者、或いは取得を希望している人であれば、タクシー会社等の管理がどのようなものであるのかは気になるはずです。実は使用者には様々な義務が存在します。従業員に交通ルールを遵守させることはもちろんのこと、安全運転管理者を配置しなければなりません。5台以上の自動車を使用する事業者ごとに、1人の安全運転管理者を置くように定められています。20代以上の自動車を使用するところでは、副安全運転管理者も存在します。

安全運転管理業務の中身を具体的に見ていくことにしましょう。一つは、従業員の過労防止に努めることです。運転計画は無理のないように作成しなければなりません。二つには、毎日運転手の健康状態を確認し、点呼でチェックするようにします。三つには、乗客の要望で長距離運転を提供する時、必ず交代運転手を配置するようにします。四つには、日誌を作成し、従業員に記入させます。これらの業務を中核として安全管理を行うのですが、言うまでも無く、法令違反行為を黙認してはなりません。例えば、無免許運転、免許停止処分中の運転、過労運転、積載オーバー、速度オーバー、車の放置、酒気帯び運転等を許さないように心掛けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です