運転免許の種類

運転免許にはたくさんの種類があります。なんとなく自分たちが日頃運転するような車の免許と、トラックだったり工事で使われるような大きな自動車だったりの免許は違うだろうな、と思う人は多いでしょうが、詳しくわかっている人はあまりいないでしょう。ここでは、その免許の種類について解説していこうと思います。

まず、運転免許は大きく次の3つに分かれています。

一つ目は第一種運転免許で、これは自動車や原付を運転するために必要な免許のことで一番一般的な免許でしょう。この運転免許で運転できないような自動車を運転するには第二種運転免許が必要です。これは、バスやタクシーなどでお客さんを乗せての運転や、代行運転自動車と呼ばれる、酔っ払ってしまった時などに代わりに運転をする仕事で使う自動車に乗る場合の免許です。わかりやすく言うと、お金をもらって運転して商売をするための免許です。三つ目は仮運転免許です。これは、上記の二つの免許を受ける人が、試験や授業で運転するために必要になる免許です。

この中の第一種運転免許には、さらに細かく免許の種類が分かれています。それぞれの運転免許で運転できる大きさや種類が変わっていきますので、これから運転免許を取得しようと考えている人は、自分の目的にあった免許を選びましょう。

では、次の項目で第一種運転免許の種類について説明したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です