教官との相性

教習所には、当然ながら様々な教官がいます。自分と性格が合わない人という可能性もあるでしょう。
最近では、教官を「指名できる」という教習所もあるそうです。ただし、教官にもスケジュールがありますし、人気のある人ですと、予定が取れないという場合もあります。教官を選ぶことができる環境で、かつ待つことができるという人には最適でしょう。しかし、様々な教官に見て貰うというのが一般的です。

 

よく聞く意見では「教官ごとに言うことが違かった」という場合です。
もちろん、間違ったことを教えるということはありませんが、考え方の面は人によって変わってくる場合があります。
また、実際に運転をしていると状況が違うので、その都度違うことを言われる可能性があるのです。

例えばAの教官の言うアドバイスと、Bの教官の言うアドバイスが違った場合です。
知識の話でなければ、どちらも正解というケースだってあります。
そうなるとどちらに従うか迷ってしまうと思います。

そういう場合の対処法として、まずはAとBどちらの方法も実際に試してみてください。
学ぶ立場にある人間は、どちらが正しいかは判断がつかない状況です。
実践してみて、納得できた方の意見を採用すれば良いのです。

 

大切なのは「誰が間違ったアドバイスをしたか」ということではなく、「どのアドバイスが自分には合っているか」と見極めることです。
例え教官が合わない、違うアドバイスをされたと嘆くことがあっても、「最終的に上手く(免許を取れるところまで)行けばいい」というということだけ意識してください。

余程という場合は、別の教官に相談をしてみるのも手ですが、教官と言っても人間ですので、考え方の違いはそれぞれあるということだけは覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です