時間で選ぶ

特に社会人は、学生と比べて時間が取りにくいです。夜間や土日しか時間が取れないことも多く、とにかく限られた時間しか使うことができません。
そのためまとまった休みなどで合宿免許を利用して短期集中で取ってしまうのが、結局は一番早く出来る場合も多いです。

合宿免許に通えるほどまとまった休みがとれない、昼間は仕事がある、という方の場合、夜間通学という選択肢もあります。
通常は夜間の通学で通った場合は、短くとも3ヶ月は掛かると言われています。
合宿を利用する場合は二週間程度ですが、何故こんなに差が開いてしまうのでしょうか。

 

夜間などのみの通学は、予約を入れるのが難しくなっているようです。
なぜならそもそも夜間の通学をしたいという社会人が多いので、枠が少なくなっているのです。
希望の日程通りも難しくなってきますし、何週間も待たされることも珍しくありません。
また、間隔が空いてしまうことで連続して車に乗ることができないのもデメリットです。

それでも、どうしても免許を取りたい・取る必要があるという人もいるでしょう。
その場合は「優先予約」ができる「短期卒業コース」のようなものを選ぶと良いかもしれません。
コースの具体的な名前は、当然教習所ごとに違いますので確認してください。
免許合宿と同じように、一気に何時間も予約が入れられたり、最初から最後までの予定を組むことができる場所もあるそうです。

ただしこの時に注意したいのが、基本キャンセルをしてはいけないということです。
どれだけ前に連絡を入れるかでキャンセル料が変わってくるとは思いますが、急なキャンセルは当然キャンセル料が発生します。
特に社会人の方は、急な残業など予定が入ることも多いでしょう。
無理なく通える範囲で予定を立てるようにしてください。