公認校と非公認校

教習所を選ぶ時に、公認、非公認という表記に気付くと思います。
自動車学校は、公認校と、非公認校に分かれており、それぞれに違いがあります。
目的によって選ぶ必要がありますので、それぞれの違いについて確認していきましょう。

まずは公認校についてです。
その名の通り、公安委員会の公認を受けている自動車学校で、定まった基準で教習のカリキュラムが組まれています。
教習などを行った後に、本免許試験も、一緒に行うことができます。
つまり、「入校から、卒業証書を貰うまでをこの学校で修了できる」と言えます。
卒業証書を貰ったら、後はそれぞれの運転免許の試験場で学科試験を受け、合格後に免許書が発行されます。
どの公認校でも同じカリキュラムで行っているので、万が一転校になった場合でも同じように対応して貰えます。
また、公認校だけあって厳しい基準をクリアしているため、どの学校でもある程度の水準が保障されています。

非公認校の方は、公認を受けていない学校です。
公認校と違い、カリキュラムが定まっていないという特徴があります。
そのため、苦手な科目を重点的に勉強することもできますし、ある程度の自由度があると言えます。
教習の時間は自由に設定できる他、料金設定も安めに定められている場所が多い傾向にあります。
ただし、授業を受けた後に、一度自分で試験場に行って受験をしなくてはなりません。
公認校と比べて、仮免許を取得するための手間が多いと言えます。
また、公認校ではないので、指導に関しても定まった水準がありません。
講師もピンキリとも言えます。

きっちりと組まれたカリキュラムを学んでいきたい・値段は気にしないのならば公認校、その逆であれば非公認校が良いでしょう。