免許の再取得

免許を更新し忘れた、失効したなどの理由で、再度免許取得を目指す人もいると思います。
この時の対応は、失効した日によって対応が変わってきます。

 

まず、失効してから半年以内で、入院や海外勤務などを始めとする理由であること。
かつ、その事情が終わってから1ヶ月以内、失効してから3年以内であれば、所定の試験場で講習を受けるだけで再発行ができます。
ただし試験場の判断となりますので、よく確認をしましょう。

 

失効から1年以内であれば、普通・大型車の免許で合った場合は、仮免許までの再発行は可能です。
そこまで発行してから教習所に行けば、教習時間を短くすることができます。

 

上記のどれにも該当しない場合は、最初からやり直しになります。
運転に自信があるという場合は、試験場でそのまま試験を受けてみても問題ありません。
ただし自信がない方は費用が無駄になってしまいますので、大人しく勉強のし直しをするのが良いでしょう。

免許を再発行する時に、「欠格期間の満了」「処分者講習を受講済み」というのは、最低限の必要条件になっています。
これ以外に必要なことは、都道府県ごとに異なっています。
そもそも教習所で仮免許を取得してからでないと、処分者講習を受けられないという都道府県もあるそうです。
ただし、合宿などで他の都道府県の教習所を選んで入校することは、普通は可能になるそうです。

 

どれだけ早く再取得をしたいかによって、手順も変わってきますので、まずは、現在住民票がある都道府県の規程を確認しましょう。
運転免許試験場に問い合わせることで、細かな内容を教えてもらえるでしょう。
その際、いつまでに再取得をしたいかを伝えるとスムーズでしょう。