値段で選ぶ

合宿を取るにあたって、料金はどれだけかかるのでしょうか。
一般的にはMT車で30万円、AT車で28万円程度が平均と言われており、「合宿免許」の場合では、多くとも25万ほどと言われています。
付けるオプションやコースによっても多少の前後はありますが、合宿免許の方が安くなる傾向にあるようです。

 

単純に料金だけでなく、合宿免許の費用には諸々が含まれているパックの料金で設定されています。
入学費や検定費、宿泊費用や合宿地までの交通費など、別途で掛かる費用を確認すると更に安く免許取得を目指せるのが分かります。

どの免許合宿かを選ぶか迷った時は、どこまで費用が掛かるのかも併せて確認すると良いでしょう。
特に遠方から参加する方は、交通費が出るかどうかでも、全体の費用が大きく変わってきます。

 

ただし注意すべきなのは、どこまで保証が付いているかどうかです。
合宿免許は当然ながら免許を取ることを目的としていますので、検定に落ちれば再試になります。
当然ながら、試験に落ちれば更に宿泊費用も発生しますし、検定料金も加算されます。
再試を繰り返して、最終的に通学の免許と金額が同じになってしまった、などとなることも珍しくはありません。

そうなってしまわないよう、「延長料金が掛からない」という保証がある学校もあります。
検定に自信がない場合や、心配な方はこのような保証がついている合宿免許を選びましょう。
保証だけでも料金が随分と変わってきます。
そもそも合宿免許が何故こんなに安いのかというと「スケジュール通りに動いて貰えるので、管理コストが安い」「値段を下げて遠方の人にも来てもらいたい」などの理由があるそうです。
是非利用してみましょう。